①定期報告制度とは?

特殊建築物の定期報告制度とは、車の車検と同じようなもので、建物の所有者には安全に管理する義務があるということです。報告書を行政に提出する義務があります。

定期報告制度とは?LinkIcon

②定期報告の内容

定期報告制度は、建築物・建築設備について、調査・検査資格者が的確な維持管理がされているかどうかを調査・検査し、その結果を報告するという建築基準法第12条で定められた重要な制度です。

定期報告の内容LinkIcon

③定期報告の手順

建物の定期報告の手順をお伝え致します。

定期報告の手順LinkIcon

④定期報告の料金表

建物の定期報告の料金は事前にわかりやすくお見積もり致します。定期報告にかかる一連の業務費用を明確にするために、料金表にまとめました。

定期報告の料金表LinkIcon

定期報告の内容

建築設備の定期報告(毎年の報告)

建築設備には、非常用照明設備・換気設備・排煙設備の3種類の調査項目があります。建築設備の調査報告は、非常時の避難経路の安全確保の為に設備に不備・不具合がないかどうかを調査します。

建築物の定期報告(3年に一度の報告)

地盤・避難通路・消防車接近道路など敷地の状態・防火設備・廊下・階段・バルコニーからの避難の状態・採光・換気の状態・建築物各部分の劣化状況、損傷具合など、建物の細部まで数多くの項目を調査します。

建築物の用途 建築物の規模 報告時期
劇場、映画館又は演芸場 3階以上で使用部分が100㎡以上の建物
使用部分が200㎡以上の建物 
H25,H28,H31,H34
観覧場(屋外観覧場を除く)、公会堂又は集会場 3階以上で使用部分が100㎡以上の建物
使用部分が200㎡以上の建物 
H25,H28,H31,H34
旅館又はホテル 3階以上で使用部分が100㎡以上の建物
使用部分が300㎡以上の建物 
H25,H28,H31,H34
百貨店、マーケット、展示場、キャバレー、公衆浴場
ナイトクラブ、バー、ダンスホール、遊技場、カフェ 
料理店、飲食店又は物品販売業を営む店舗 
3階以上で使用部分が100㎡以上の建物
使用部分が500㎡以上の建物 
H26,H29,H32,H35
病院、診療所(患者の収容施設があるものに限る)
老人ホーム又は児童福祉施設等 
3階以上で使用部分が100㎡以上の建物
使用部分が300㎡以上の建物 
H24,H27,H30,H33
学校又は体育館 3階以上で使用部分が100㎡以上の建物
使用部分が200㎡以上の建物 
H26,H29,H32,H35
共同住宅又は寄宿舎 5階以上で使用部分が100㎡以上の建物
使用部分が1000㎡以上の建物 
H24,H27,H30,H33
博物館、美術館、図書館、ボーリング場、スケート場
水泳場、スポーツの練習場 
3階以上で使用部分が100㎡以上の建物
使用部分が2000㎡以上の建物 
H24,H27,H30,H33










建設中.jpg

業務実績

WORKS

1設計.jpg

建築設計

DESIGN

工事.jpg

店舗・住宅施工

REFORM
RENOVATION

家発見.jpg

建物の定期報告

REPORT

話し合い.jpg

不動産

REAL ESTATE

問い合わせ.jpg

問い合わせアクセス

CONTACT